髪の健康を維持するために

老人

生活習慣を見直す

髪に白髪が見られると、年齢よりも老けて見られがちです。白髪は頭皮のメラノサイト機能が低下して髪の色、つまりメラニン色素を生成できなくなることが原因です。加齢によるものもありますが、予防できないというものではありません。髪の健康を維持するために予防対策を行うことで、白髪を改善することができます。予防対策としては、まず生活習慣を見直すことです。例えば、食生活です。一見無関係のように見えますが、髪のメラニン色素は毛根や頭皮に栄養が行き届かなければ生成されません。偏食や無理なダイエットをして栄養不足になると、メラニン色素が生成されず白髪になることがあるのです。また食事のバランスが良くても、血行が悪いと栄養が髪に行き届きません。髪は頭皮の毛細血管から栄養素をもらっているからです。血行不良は、睡眠不足やストレスなども影響します。自律神経のバランスが乱れるからです。そして自律神経が乱れるとメラノサイトにダメージを与えてしまいます。ですから、バランスの良い食生活をしながら睡眠不足を改善し、ストレスのない生活をして血行を良くすることが白髪予防につながるのです。また白髪を予防するおすすめの栄養素として、チロシンやヨウ素が挙げられます。チロシンはメラニン色素の生成を促す働きをするもので、チーズやヨーグルトなどの乳製品やダイズやアーモンドなどの豆類、かつおやまぐろなどの魚介類に多く含まれます。ヨウ素はメラノサイトを活性化する成分で、ひじきやこんぶ、わかめなどの海藻類に多く含まれます。なかなか普段の食事で摂取できない場合は、サプリメントを上手に利用するのもおすすめです。

Copyright© 2018 効果的な白髪予防方法【バランスの取れた食事が大切】 All Rights Reserved.